【実施報告】9月「世界の! ビーチクリーン作戦 & プラネタリウム探見 」

探見隊

9月の活動をレポートします!

1日目

まずは砂浜の生きもの観察。
探見隊が始まった20年前から仲良くしてもらっているダイビングチーム
「海をつくる会」の野島生物調査にお邪魔して、
自分たちだけじゃ見られない生きものの観察と、
学生のお兄さんの生きもの解説を聞きました。

その後、潮が引いた砂浜に実際に入って生きもの探し。
やっぱりダイバーのお兄さんたちのようにはいかないものの、
この日はヒトデがいっぱい。
たくさんの足を動かしている様子を興味津々で眺めてました。

午後は、砂浜清掃のボランティア体験。
もともとは年1回環境月間の6月に開催していた「オールクリーン野島ビーチ」という活動で、
今では海をつくる会を中心に毎月開催されているところに参加させていただきました。

この日は『ワールドクリンアップデー』ということで、
環境省のライブ中継も入り全世界にみんなの活動が紹介されました。

宿泊はいつもの『野島青少年研修センター』。
感染症対策のために過ごし方はいつもとちょっと違いますが、
それも今回で3回目。
距離をとったり、おしゃべりを我慢したり、
だんだん新しい習慣が身についてきたかもしれません。

2日目

朝からシーサイドラインとJR根岸線を乗り継いで、
『はまぎんこども宇宙科学館』を訪れました。
午前中は5階から地下までの科学展示を廻りまくりました。

お昼ご飯にタコライス風のお弁当を食べて、
最後のプログラムはお待ちかねのプラネタリウム。
生解説は今年大接近の『火星』について。
皆さんもチャンスがあったら観察してみてくださいね。

感想アンケート