【実施報告】11月「世界の! イシモチフィッシング」

探見隊

11月の活動をレポートします!

1日目

2日目の本番「船釣り」にむけて、丘で特訓しました。
課題は、①エサ(イソメ)の付け方、②ロッドとリールの扱い方、です。
天びんのちょい投げでハゼを狙ってみましたが、
本命は手ごたえがなく、苦戦しました。。。。
それでもいくらか別の魚を釣りつつ、
確実に2つの課題を身につけました!
明日はイシモチ釣りに挑戦です!

【1日目の釣果】 メバル カサゴ クサフグ イイダコ 

研修センターでの時間は引き続き「感染症対策バージョン」の過ごし方です。
食堂では大きい机にアクリル板を挟んだ向かい合わせで食事をします。
10月から宿泊室の人数制限が解除されて、本来の8人部屋にもどりました。
他の団体も一緒の食堂で過ごす、にぎやかな日常が待ち遠しいですね。

2日目

船釣り本番はいつもより早起きして研修センターを出発。
念入りに準備をして漁船に乗り込みました。
午前中は比較的穏やかな海で、
個人差はあったものの1日目の練習の成果もあり、
イシモチ・シロギス・アジ・マダイ・イカ(?)、と順調に釣果を伸ばしていきました。

お昼に向けて波風が強まり、
少したいへんな時間帯もありましたが、
日差しがあったおかげでこの時期としては快適な釣り日和となりました。

14時30分頃、陸に戻ってお片付け。
解散前に釣った魚の下処理をレクチャーしました。
魚サバキになれたスタッフの鮮やかな手際に拍手が起こりました。

感想アンケート

お魚料理の報告やお味の感想など、
お声を聞かせてください!